転勤が決まったら、不動産会社に相談 リロケーションの手引き

賃貸経営HOME4U 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報
不動産情報HOME4U > 賃貸経営 > 賃貸経営の手引き > リロケーションサービスの手引き STEP1

賃貸経営の手引き

手引きトップへもどる

リロケーションサービスの手引き

「リロケーション」サービスの基本的な流れを紹介します。「いつ、どんなことをするの?」「どのようなポイントが重要なの?」などのイメージをつかみましょう。

※ここで紹介するのは基本的な流れになります。実際の流れとは異なる場合がございますので、ご了承ください。実際のサービス、流れについては、パートナー企業によくご確認ください。

転勤が決まったら、不動産会社に相談

リロケーションとは、英語の「Relocation=移転または配置転換」に由来するサービスで、転勤・海外赴任などの間に留守になる自宅を管理してくれる、不動産会社のサービスを指します。転勤や住み替えなどが決まったら、まずは「賃貸経営HOME4U」で不動産会社に問い合わせましょう。問い合わせをうけた不動産会社の営業担当がお客様のご希望をお伺いし、詳しいサービス内容等のご説明と適正賃料の査定、貸し出しにあたり必要と思われる室内外のお手入れ等をご提案いたします。

サービス申し込みにあたっては、

  • 登記簿謄本(抄本)
  • 火災保険証書のコピー
  • 印鑑証明
  • 設備機器の取扱説明書
  • メンテナンス連絡先


などが必要な場合が多いので、あらかじめ用意しておくと手続きがスムーズに進められるでしょう。また、貸し出す物件によっては、管理規約など必要な書類が異なりますので、不動産会社に確認するようにしましょう。

ポイント
転勤・海外赴任だけでなく、住み替えや相続した不動産の運用でリロケーションを選択される賃貸オーナー様が多いようです。期間を定めて貸し出すことができるサービスですので、自分の都合にあわせて上手に利用するようにしましょう。

リロケーションの無料相談はこちら

おすすめコンテンツ

不動産売却を検討している方へ
不動産やマンションの売却を検討している方へ
大手不動産会社があなたの不動産や賃貸マンションを無料で一括査定!
首都圏のマンションの売却なら
首都圏の中古マンション査定なら
首都圏の人気マンションを一挙公開!無料マンション査定も受付中!
賃貸住宅をお探しの方へ
賃貸住宅をお探しの方へ
マンション、アパートの賃貸物件をラクラク検索。お部屋探しの情報満載。