入居者の募集、賃貸借契約の締結 リロケーションの手引き

賃貸経営HOME4U 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報
不動産情報HOME4U > 賃貸経営 > 賃貸経営の手引き > リロケーションサービスの手引き STEP2

賃貸経営の手引き

手引きトップへもどる

リロケーションサービスの手引き

「リロケーション」サービスの基本的な流れを紹介します。「いつ、どんなことをするの?」「どのようなポイントが重要なの?」などのイメージをつかみましょう。

※ここで紹介するのは基本的な流れになります。実際の流れとは異なる場合がございますので、ご了承ください。実際のサービス、流れについては、パートナー企業によくご確認ください。

入居者の募集、賃貸借契約の締結

入居希望者は、入居日のおよそ2ケ月位前から物件探しを始める場合が多いので、リロケーションサービスを始める3ヶ月前には相談、遅くとも1ヶ月前までには正式依頼をすると、不動産会社も効率的な募集活動をすることができるでしょう。とはいえ、転勤などは急な場合が多いですから、リロケーションを利用すると決めたらなるべく早く不動産会社に相談するようにするといいでしょう。

契約後、不動産会社は独自のネットワークを駆使し、入居者を募集いたします。オーナー様が退去されたら、不動産会社が賃貸物件をリフォームし入居者に物件を引き渡しますが、このリフォーム作業は不動産会社が手配してくれる場合もあるので確認してみましょう。

また、貸出期間終了後のトラブルを防ぐためにも、貸出前の状態を写真に撮っておくといいでしょう。不動産会社によってはサービスで行ってくれるところもありますので、後々のトラブルを防ぐ意味でも、利用しておくといいでしょう。

さらに不動産会社によっては「空室巡回サービス」や「空室保証」を行っている場合もあるので、不動産会社に確認してみましょう。

ポイント
転勤・海外赴任などが決まったら、なるべく早く不動産会社に相談しましょう。また貸出前にはお持ちの不動産の室内外の写真を撮っておくとよいでしょう。
  • 前のSTEPへ

リロケーションの無料相談はこちら

おすすめコンテンツ

不動産売却を検討している方へ
不動産やマンションの売却を検討している方へ
大手不動産会社があなたの不動産や賃貸マンションを無料で一括査定!
首都圏のマンションの売却なら
首都圏の中古マンション査定なら
首都圏の人気マンションを一挙公開!無料マンション査定も受付中!
賃貸住宅をお探しの方へ
賃貸住宅をお探しの方へ
マンション、アパートの賃貸物件をラクラク検索。お部屋探しの情報満載。