リロケーションのよくあるご質問 賃貸経営HOME4Uのリロケーション

賃貸経営HOME4U 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする

海外赴任・転勤時の留守宅賃貸 NTTデータグループのリロケーション一括相談サービス

心配事をスッキリ解決!リロケーションのよくあるご質問

検討・準備について

  • 転勤の期間が決まってないけど、貸せるの?
  • 定期借家契約は、一般的に2年や3年などの期間を設定して契約をします。もし、海外赴任や転勤の期間が長くなり、引き続き貸したい場合は、再契約できる場合が多いため、期間が長引く可能性がある場合は、事前に管理会社に相談しておきましょう。一方、設定した期間より帰任が短くなった場合、残念ならが途中解約はできない場合が大半です。違約金などを払うことで、期間を短くできる場合もありますので、契約時に、管理会社とよく相談をして決めましょう。
  • 赴任の期間が短いんだけど、貸せる?
  • 期間が短い場合、通常の賃料より安く設定するなどの工夫をすることで、借主を早く見つけ、賃貸することが可能です。また、1年未満などの場合は、賃貸するのではなく、通風などの「定期巡回サービス」を利用する方も多いようです。リロケーションの管理会社では、定期巡回サービスを取り扱う会社も多数ありますので、どちらが良いか相談してみると良いでしょう。
  • 売却するのと賃貸するので迷ってます・・・
  • 家を貸すか、売るか、それぞれのメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。賃貸の管理会社と売却を取り扱う不動産会社の両方に相談して比較するのもおすすめです。
    【家を貸す場合】 【家を売る場合】
    メリット
    • ・家賃収入が得られる。
    • ・愛着あるわが家を手放さなくて良い。
    メリット
    • ・まとまったお金が手に入る。
    • ・売却額を確定できるため、将来下落するリスクを回避できる。
    デメリット
    • ・空室の場合、家賃収入が入らない。
    • ・税金・管理費維持などの経費が必要になる
    デメリット
    • ・住宅ローンの残債務が多ければ、自己資金での充当が必要な場合がある。
    • ・地価上昇局面の場合、売却代金を損する場合がある。
  • 大切なわが家を人に貸したくないけど、家の劣化が心配。
  • リロケーション取り扱い会社の中には、通風・換気・通水などを定期的に見回ってくれる「定期巡回サービス」を取り扱っている会社もありますので、管理会社に相談してみましょう。
  • 家具はどうすればいいの?
  • 日本では、家具付き物件の馴染みがないため、基本的には家具を撤去して貸し出すのが一般的です。赴任先に持っていくことが難しい場合は、貸倉庫などを利用すると良いでしょう。また、管理会社が買い取ってくれる場合や、下取り業者を紹介してくれる場合もあります。エアコンなど、撤去しない方がいい電化製品や家具もありますので、管理会社に相談してから、進めましょう。

入居者募集や対応について

  • 転勤までに借主見つからなかったらどうしよう?
  • 定期借家契約後は、管理会社が入居者を探します。そのため、転勤までに入居者が決まらなくても管理会社が引き続き募集を続けますので、転勤先での対応が可能です。 しかし、管理会社と契約する際には、物件の立会や書類上のやり取りなど、頻繁に連絡をとる機会が多いため、転勤前に管理会社との契約を済ませておくと良いでしょう。転勤・海外赴任が決まったら、なるべく早く管理会社探しを進めておきましょう。
  • 家賃回収や設備管理など、入居者対応は、誰がするの?
  • リロケーション(定期借家契約)は、入居者対応などの管理業務は基本的にすべて管理会社が行います。設備に不具合が起こった場合、どのような流れで管理会社が対応を行うかなど、入居者対応の流れを契約前に確認しておくとよいでしょう。

帰任時について

  • 帰任時に、ちゃんと明け渡してくれる?
  • 定期借家契約は、定めた期間が満了になると、借家契約が終了する契約です。契約期間が終了した時点で確定的に契約が終了し、明け渡しを受けることができるため、帰任時に「住む家がない!」という心配がありません。(ただし、契約期間満了の1年前から6カ月前までに入居者に通知が必要です)
  • 転勤が予定より早く終わったら、どうなるの?
  • 定期借家契約で契約した期間内は、残念ならが途中解約はできない場合が大半です。違約金などを払うことで、期間を短くできる場合もありますので、契約時に、管理会社とよく相談をして決めましょう。
  • 汚れや傷はどこまで治してくれるの?
  • 借主の不注意で、床にタバコの焼け跡を残してしまった場合など、故意・過失により損傷を与えると、原状回復の対象になります。 しかし、貸し出し時の状態に戻してもらえるわけではありません。床の日焼けなどの自然摩耗、通常使用していて起こりうる消耗等は原状回復の対象外です。
時間が限られている海外赴任・転勤の準備期間なるべく早くプロに相談!
[完全無料]リロケーション 賃料査定・無料相談はこちら

家を貸さずに売るなら、NTTデータ スマートソーシング運営の不動産の無料一括査定大手不動産会社が多数参画!完全無料の査定サイト