不動産会社の業務内容(仲介業務・管理業務・サブリース)の違い 賃貸経営HOME4U

賃貸経営HOME4U 2014年10月現在 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報

基礎知識「不動産会社とサービスの選び方」

5-1.「不動産会社の業務内容の違い」

賃貸経営に関わる不動産会社の業務は、契約内容や段階によって変わります。何の業務を不動産会社に依頼するか決めるために、それぞれの役割をしっかりと把握しましょう。

不動産会社の業務内容の違いとは?

不動産会社の業務内容は、契約内容や段階によって異なります。

「仲介業務」「管理業務」「サブリース」

賃貸経営に関わる不動産会社が入居者を募集するときは「仲介業務」を行い、入居後の物件の管理や入居者対応をする段階では「管理業務」を行います。その他に、不動産会社が物件を借り上げ、不動産会社自身が貸主となり借主に貸し出す「サブリース」もあります。まずは、それぞれの業務内容をしっかりと理解してから、不動産会社選びに進みましょう。

不動産会社の業務内容の違い

不動産会社が入居者を募集する
仲介業務

入居者募集に関わる業務全般をサポートするのが、「仲介業務」です。具体的には、入居者募集や入居者審査、賃貸借契約の手続きなどです。つまり、借主が入居した後の管理業務は、この仲介業務に含まれません。仲介業務での不動産会社の収入は「仲介手数料」であり、家賃1月分が上限と定められています。
管理業務は自分で行い、不動産会社には入居者募集関連業務だけを依頼したいオーナー様は、この「仲介業務」の契約をすることになります。

入居後の物件の管理や入居者対応をする
管理業務

借主が入居した後、入居者対応や建物管理など、管理に関するサポートをするのが「管理業務」です。入居者の苦情対応や、家賃集金、建物の修繕対応などが一般的なサービス内容ですが、その対応範囲は様々あり、契約内容や不動産会社によって委託する内容が変わります。そのため、不動産会社に支払う「管理料」も、委託内容や不動産会社によって価格が異なります。
「管理業務」の契約の際は、不動産会社が何を対応してくれるのか、きちんと説明を受けましょう。

オーナーから物件を借り上げ借主に貸し出す
サブリース

不動産会社がオーナーから物件を借り上げ、不動産会社が貸主となり、借主に貸すサービス(転貸)を「サブリース」と呼びます。不動産会社が入居者募集から管理業務まですべて行い、賃貸オーナーには入居者の有無に関係なく一定の賃料を支払われるのが一般的です。「家賃保証」「空室保証」などのサービスは、大抵の場合、このサブリース契約です。オーナー様にとっては管理業務の手間がなく、且つ安定的に家賃収入を得られることになりますが、支払われる賃料は相場より安くなるのが一般的です。

  • ※上記で紹介している業務は一般的なサービス内容であり、各不動産会社によって異なります。サービスの詳細は契約する不動産会社に確認してみましょう。
ポイント!
ポイント!

上記を取り扱う不動産会社は、仲介業務専門の会社、仲介業務と管理業務の両方を取り扱っている会社、管理業務を専門とし仲介業務は外部に委託する会社、サブリースを得意とする会社など、取り扱い業務と得意分野が会社によって異なります。

仲介を行っている会社が、管理業務を取り扱っていない場合もありますので、委託できる業務が何なのか、得意分野は何なのか、確認してみると良いでしょう。

  • ※本ページの内容は、2014年2月時点の情報をご参考のために記載しているものであり、内容に関して保証するものではありません。
賃貸経営の相談をしたい方はこちら

簡単1分入力で、複数の会社にまとめて相談

賃貸仲介の相談はこちら賃貸管理の相談はこちら サブリースの相談はこちらリロケーションの相談はこちら