賃貸経営に関わる税金 賃貸経営HOME4U

賃貸経営HOME4U 2014年10月現在 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報

基礎知識「賃貸経営に関わる税金」

4.「賃貸経営に関わる税金」

賃貸経営を始める際、賃貸オーナー自身が、関連する税務知識を身につけておく必要があります。このページでは、固定資産税や所得税など、賃貸経営の際に関わる税金をご紹介します。

  • ※ご紹介している税金は、概略を示したものであり、物件や時期により異なります。
    詳しくは不動産会社、または所轄の税務署等にお問い合わせください。

1.不動産を取得した時にかかる税金

不動産取得税 登録免許税 印紙税

賃貸オーナー(大家)として賃貸経営を始めるにあたり、不動産を購入した場合に、「不動産取得税」「登録免許税」「印紙税」等を納めます。

2.不動産を所有している時にかかる税金

固定資産税 都市計画税

不動産を所有していると、「固定資産税」「都市計画税」等を納税します。更地などの「非住宅用地」に比べ、「住宅用地」は軽減措置が適用されます。

3.不動産を賃貸した時にかかる税金

所得税 住民税 事業税

賃貸経営による家賃収入は、不動産所得として「所得税」「住民税」の課税対象です。確定申告や節税のポイントをおさえ、税制上のメリットを活用しましょう。

4.不動産を相続した時にかかる税金

相続税

「相続税」は、現金や更地の相続より、賃貸住宅の相続の方が大きな節税効果があるとされています。

  • ※本ページの内容は、2013年12月時点の情報をご参考のために記載しているものであり、内容に関して保証するものではありません。

賃貸経営・土地活用の相談をしたい方はこちら 簡単1分入力で、複数の会社にまとめて相談

管理会社を探す土地活用の資料請求