入退去による空室対策は不要の場合も サブリースの手引き

賃貸経営HOME4U 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報
不動産情報HOME4U > 賃貸経営 > 賃貸経営の手引き > サブリースサービスの手引き STEP3

賃貸経営の手引き

手引きトップへもどる

サブリースサービスの手引き

「サブリース」サービスの基本的な流れを紹介します。「いつ、どんなことをするの?」「どのようなポイントが重要なの?」などのイメージをつかみましょう。

※ここで紹介するのは基本的な流れになります。実際の流れとは異なる場合がございますので、ご了承ください。実際のサービス、流れについては、パートナー企業によくご確認ください。

入退去による空室対策は不要の場合も

入居者との更新条件の交渉および、契約書の締結や、申し出事項の対応・処理、退去立会、原状回復交渉、敷金精算業務などや、施設の清掃が必要になったりという作業もサブリースでは不動産会社が対応しますので、上手に利用して賢い賃貸経営を行いましょう。

またアパート経営、賃貸マンション経営では、空室などが発生して賃料を受け取れないというリスクがありますが、家賃保証・空室保証をオプションで付加している場合は、賃貸オーナー様は入居者が見つからなかったり、途中で退去した、など空室ができた場合でも、その有無にかかわらず不動産会社から一定の賃料が受け取れますので、収入が安定し、借入金の返済計画が立てやすくなります。

ポイント
サブリースでは、借主は不動産会社のみとなります。管理の手間が省けるというメリット以外にも家賃保証・空室保証付きのサブリースであれば、収入も安定します。メリット・デメリットを不動産会社によく相談して、最適な方法を探しましょう。
  • 前のSTEPへ

サブリースの無料相談はこちら

おすすめコンテンツ

不動産売却を検討している方へ
不動産やマンションの売却を検討している方へ
大手不動産会社があなたの不動産や賃貸マンションを無料で一括査定!
首都圏のマンションの売却なら
首都圏の中古マンション査定なら
首都圏の人気マンションを一挙公開!無料マンション査定も受付中!
賃貸住宅をお探しの方へ
賃貸住宅をお探しの方へ
マンション、アパートの賃貸物件をラクラク検索。お部屋探しの情報満載。