マンションとアパートの違いは何でしょうか? 賃貸経営HOME4U

賃貸経営HOME4U 顧客満足度94%! ※HOME4Uアンケート結果より
大きくする 標準サイズにする 小さくする
  • 管理会社を探す
    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース
    • リロケーション
  • 土地活用
  • 参画会社一覧
  • 賃貸経営の手引き
  • 不動産用語集
  • よくあるご質問
  • お役立ち情報
不動産情報HOME4U > 賃貸経営 > 賃貸経営FAQ > マンションとアパートの違いは何でしょうか?

賃貸経営FAQ -よくあるご質問-

マンションとアパートの違いは何でしょうか?

アパートとマンションの違いは、構造の差にあります。一般的に、木造、 プレハブなど準耐火構造の集合住宅を「アパート」と呼び、RC(鉄筋コンクリート造) あるいはSRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)など耐火構造の集合住宅を「マンション」と呼びます。 構造の違いにより、「アパート」の場合は建築費を安価に抑えることができますが、遮音性や耐火性、耐震性がマンションに劣る特徴があります。

不動産用語集

関連用語

FAQ一覧

賃貸経営 お役立ち情報

不動産経営の手引き

賃貸経営の手順をステップ毎にわかりやすく解説!

不動産用語集

不動産に関する専門用語を多数収録。難しい専門用語などの意味をチェックして、疑問を解消!

おすすめコンテンツ

不動産売却を検討している方へ
不動産やマンションの売却を検討している方へ
大手不動産会社があなたの不動産や賃貸マンションを無料で一括査定!
首都圏のマンションの売却なら
首都圏の中古マンション査定なら
首都圏の人気マンションを一挙公開!無料マンション査定も受付中!
賃貸住宅をお探しの方へ
賃貸住宅をお探しの方へ
マンション、アパートの賃貸物件をラクラク検索。お部屋探しの情報満載。